So-net無料ブログ作成

米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)の恐怖(その1) [投資信託・ETF]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。



投資信託へ投資をしている、あるいは投資しようと考えている投資家なら、
「米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)」という投資信託の
名前は聞いたことがあるでしょう。

この「米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)」が今、
大人気です。

楽天証券でも過去実績分配金利回りが第2位ということで
トップページで燦然とランキングにランキング入りしています。

この「米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)」が
人気の理由は以下の2つです。

1)毎月配当である
2)運用利益+金利差益+為替差益が狙える

1)は言わずもがな、ですね。
日本人は毎月分配がとっても大好き。
分配の都度、税金が日本国へチャリンチャリンと課金されていることは
気にならないのでしょうか???私は気になりますが。

まぁ、そこは他の専門家も度々指摘しているので
ここでは敢えて触れないとして、問題は2)です。

おそらくこの3点セットで一番確実性のある差益は金利差益。
ブラジルレアルだと11%程度(2011年11月政策金利)です。
円はご存知1%未満。。。
おそらくこの金利が逆転することはないでしょう。

しかし、金利差なんてそもそも数%。かつ、

 -実際は間に米ドルが入るので米ドルの金利が上昇し、
  プレミアムが低くなることが十分考えられる

 -ブラジルの成長にかける投資信託だと思いますが、
  ブラジルが成長し、経済が安定すると金利は下がる

ということで、今より金利差益は減ることも予想されます。

それより問題なのは、運用や為替については
11%以上動くことはザラにあるということ。

つまり、値動きの大きさは

運用>為替>金利

となります。

では実際に「米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)」の
運用状況はどうでしょうか。

運用報告書には運用、金利、為替別に報告がないので、
全体の運用(=基準価格)での話になりますが、

設定来▲25.8%、▲15.84%となっています。
しかもこれは分配金再投資後であるにもかかわらず、です。

一方、為替についても、2002年と2008年にブラジルレアルが
一瞬にして▲50%という暴落を記録したこともあるのはご存知でしょうか。

よって、販売現場では金利差益がクローズアップされ、
販売されていることが容易に想像できますが
(私はこれを金利マジックと呼ぶ・・・)、
実はそれ以上にほかの部分でリスクがある投資信託なんですね。

もちろん、反対に動けば、メリット3倍の商品ですので、
これらのことをよく理解して購入される分は問題ありません。

しかし、ちょっと冷静に考えると非常にリスキーで恐怖を感じる
投資信託ですので、じっくりお考えになって購入してください。。。


米国ハイイールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)の恐怖(その2)
つづく・・・。





いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。