So-net無料ブログ作成

投資を始めたいけど、何から始めていいかわからない。 [投資初心者のための基礎知識]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。



海外投資のセミナーをしたり、個別に相談を受けたりした時に
良く出てくる質問というか相談が、

「投資を始めたいけど、何から始めていいかわからない。」

というもの。


この質問に対して、正攻法の答えは、

「まずは情報収集から始めましょう」。


でも、私はもっと前にしなければいけないことがあると思います。
まず、この質問をする段階で、この質問者は、
投資をする必要に駆られていない、ことを知るべきです。

本当に投資をしたいなら、情報はネット上やセミナーで
いくらでも取れる時代なので、すぐに足を前に踏み出すことが出来るはずです。

でも、やらない。

これはつまり、「投資をする必要がない状態」なわけです。
きっと、周りやメディアが「30歳までには1000万円」とか、
「老後のために今すぐ始める投資信託」とか、
そういった言葉で書き立てるを目にして、にわかに焦っているのでしょう。

ハッキリ、言ってしまえば、投資が必要のない人はしなくていいんです。

でも、「やはり年金が心配」「この年までにはいくらほしい」という
願望があるなら、すぐに取りかかりましょう。

そして取りかかる準備としては、漠然と情報収集するのではなく、
まずは、「投資でいくら増やしたいか」という目標設定をしなければなりません。

これで漠然とでも数字が見えると、
それを達成するためにはどんな投資商品を買えばいいか?がわかってきます。

これは、いわば家計簿と同じです。

「収入はそこそこあるんだけど、なぜか貯金がゼロ」

あなたはこんな状態ではありませんか?
ここまで極端でなくても、月々の収入を節約して少しでも貯金に回したい。
という思っている人は多いでしょう。

そんな時、あなたならまず、どうします?
家計簿をつけませんか?

家計簿をつけると言うことは、現在の収支を視覚化すると言う行為です。

投資もこれと同じで、いつまでにいくらほしいのか?を視覚化すれば、
投資商品を選びやすくなります。

例えば年金。

あなたが老後に欲しい年金額と、実際に支給される年金額には
差額(ギャップ)があると思います。

では実際に支給される年金額さえ、計算できれば、
その差額を投資で増やすということになりますね。

例えば実際に支給される年金額の計算には以下のようなものがあります。

100万人が試算した年金ツール

こうして初めて投資商品や投資手法へと進めるわけです。
あなたが投資で得たい利益をまずはしっかり視覚化しましょう。

「投資を始めたいけど、何から始めていいかわからない。」と考えている人は、
まずはそれからです。





いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。