So-net無料ブログ作成

2012年からFXの税制が総合課税から申告分離課税へ変更となります。 [FX]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。



2011年6月22日(水)に成立した2011年度税制改正法案により、
いよいよ2012年1月1日より店頭FX(店頭デリバティブ取引)に
係る税制が、取引所で行う先物取引と同様になります。

これまで店頭FXは給与所得、不動産所得など、
いくつかの所得を合計し、累進税率を掛けて
税額を算出する総合課税方法でした。

この方式だと累進税率なので、所得が増えると高い税率
(最高で所得税、住民税合わせて50%)が適用されていました。

しかし、今回の改正で税制面で有利だった「くりっく365」や「大証FX」
といった取引所取引と同様に、給与所得等とは別に税金を
一律20%(所得税15%、住民税5%)で計算する「申告分離課税」となります。

ただ、だからと言って、FX以外の所得の状況によって、今回の改正で
すべての人が有利になるわけではないので注意が必要です。

個人的には、総合課税と申告分離課税のどちらかを選択できる方式に
してほしいと思う今日この頃です。






いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。