So-net無料ブログ作成
検索選択

投資信託「分配金=悪」なのか?を検証する [投資初心者のための基礎知識]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。




現在、日本での投資信託の販売は
毎月分配型の投資信託が主流となっています。


これは数字を見ても明らかで、
毎月分配型の投資信託が、全投資信託に占める割合は
2001年の4%から2011年には33%にまで上昇しています。


また楽天証券などのネット証券を中心に
サイトのトップに分配金利回りランキングなるものが
堂々と掲載されたりしています。

分配金利回りランキング
(source:楽天証券ホームページ



日本で毎月分配金型の投資信託が売れているのは、
日本人が毎月少しでもおこづかいをもらえるのが
好きな傾向があるのも要因の一つでしょうが、


投信設定会社が分配金型の投資信託をせっせと作り、
証券会社がこぞって販売している現状があります。


これには、分配金が出ると、その時に確実に課税出来るので、
財政の厳しい日本のお国事情も背景にあります。


一方、資産運用する際に、とても強い味方になる
アインシュタインに人類史上最も偉大な発見だと言わしめた
「複利」というものがあります。この複利を利用すれば、
資産が大きく膨らむ、ということはすでにご存じでしょう。


ですが、毎月分配金を出していると、その複利効果が半減してしまう
ということから、「毎月分配=悪」という論調で語られていることが
多くなってきました。


果たして、本当にそうでしょうか?


一例を挙げてみましょう。


決算日の基準価格が11,000円、分配金を1000円と仮定します。
そして決算日以降に基準価格が20%変化した場合を考えてみます。


・20%上昇した場合の基準価格と分配金

  1)分配金が支払われなかった場合  13,200円+0円=13,200円
  2)分配金が支払われた場合      12,000円+1,000円=13,000円

・20%下落した場合の基準価格と分配金

  3)分配金が支払われなかった場合   8,800円+0円=8,800円
  4)分配金が支払われた場合       8,000円+1,000円=9,000円


※わかりやすくするため税金・手数料は考慮していません。
※再投資もしていません。



いかがでしょうか。


複利効果が期待できないから「分配金=悪」という根拠は
1)と2)の比較の場合のみであり、
すべての場合に適用されるわけではなさそうです。


なぜなら、実は、
下落した場合は、分配金を支払っておいた方が、 資産の目減りを減らすことが出来たからです。



このことから次の2つのことが言えると思います。


1)
「分配金=悪」という考え方は、
基準価格が上昇している時に言えることである。


2)
分配金の善し悪しだけでなく、
「基準価格の変動+分配金」をチェックすべきである。



資産運用や投資の世界は、
論調や理論が一定方向へ偏りがちなところがあります。


これは、基本的に人間は、「将来、必ず上昇する」と、
考える生き物であり、それを前提に思考回路が働くからです。


そういう私も基本的には分配金はいらないと考えています。
しかし、今回の記事で何が言いたいかというと、


投資というものはリスクとリターンで成り立っているのですから、
投資家として大切なことは、
1つのテーマについて両面をしっかり見て、考える必要があるということです。


そういうクセをつけると、賢い投資家に近づいていきます。
決して一方的な考え方を鵜呑みにするのではなく、
しっかり自分の頭で考えるようにしてください!







いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。