So-net無料ブログ作成
検索選択

下落時に含み損の株や投資信託を何とかする方法 [投資初心者のための基礎知識]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。


リーマンショックから3年も経つのに
いまだに景気回復の兆しも見えず、相場も低迷したままです。


そんな中、相変わらず投資先の含み損を抱えている
投資家も多いと思います。


いわゆる「塩漬け」状態ですが、この先、

・持ち続けるべきか?
・見切りをつけて売却すべきか?

はどのように考えたらいいのでしょうか。


あまりの悲惨な状況に「考えたくもない」という
投資家もいるかと思いますが・・・それはおいといて、
塩漬けの資産をお持ちの場合、以下のように考えます。


1.一旦、自分が対象株式を保有していないと考える
  (ノーポジションとして考えてみる)

2.対象株式をもう一度調べてみる

3.対象株式を「今」買いたいと思うなら→保有し続ける

            買いたいと思わないなら→売却する



ちなみに上記のように考えるのは、以下の理由があります。


1.現在の株価は、購入時の株価とは何の関連性もない

   →損をしているというのはあなただけの事情である。


2.購入する時はテクニカルやファンダメンタルを
一生懸命調べるのに、購入後は株価しか見ていない


   →企業業績や業界動向が変化している可能性がある。


何だか「被害妄想」や「釣った魚にはエサを・・・」みたいな理由が
塩漬け資産の処分に迷いが生じているようですが(笑)、


上記の話が「わかった!」という人も、
まだまだ実際の売却判断は下しにくいでしょう。


その時はさらにこう考えます。

「一旦、売却してもその後株価が下落したら、買い戻す」


例えば、複数の単位株(この場合5単位とします)を持っている場合、
現在1000円の株が3年後に2000円になっていると想定したとします。
この株価の差が1000円あるわけですが、この1000円を単位数で割ります。

1000円÷5単位=200円

これをマイルストーンにして売却をすすめるのです。

1200円になったら→1単位売却

1400円になったら→1単位売却

1600円になったら→1単位売却

1800円になったら→1単位売却

2000円になったら→1単位売却

さらに、ここからが重要ポイントです。


例えば、

1200円で1単位売却後、1100円になったら、
逆にまた1単位を「購入」します。


そして、また1200円になったら「売却」して
利益を確定するのです。


この処分法のポイントは、

「売却を進めても、途中で売却益が得られる可能性があるので、
実際の売却というアクションに出やすい。」


ことです。


頭ではわかっていても、いざ損切りをして
損益を確定するのは勇気がいるもの。


そこで、上記のように区分けにして考えて、
淡々と売却を進めていくことが出来れば、
かなり「デキる投資家」になっている証拠です。


塩漬け資産とさよならしたい投資家は、
参考にしてみてください。





いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。