So-net無料ブログ作成

国内証券会社で積立投資出来るヘッジファンド(野村グローバル・ロング・ショート) [ヘッジファンド]

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちらからお気軽にご相談ください。



「ヘッジファンドへ投資したい」


そういう投資家はたくさんいます。
しかし、ヘッジファンドのほとんどが外国籍で、
当然、英語による情報がほとんどなので、
気軽に投資する、とまでには至っていません。


では、日本の証券会社で購入できるヘッジファンドはないのでしょうか?
・・・実は、日本の投資信託でもヘッジファンドは存在します。


しかし、なぜだかヘッジファンドとして存在している所以である
絶対利益追求型になっていない(つまり大きく下落している)
ヘッジファンドばかりです(泣)。


そんな中、あの野村(アセットマネジメント)が
昨年11月に新しいヘッジファンドを設定しています。
野村グローバル・ロング・ショート


この野村グローバル・ロング・ショートは、国内外の短期有価証券と
世界の株価指数や債券の先物、為替予約を積極的に活用して
絶対利益を追求する投資信託です。


2011年11月に設定され、2か月程度経過しましたが、
今のところは+2.5%程度とまずまずのスタートとなっています。


また、定量モデルの判断実績をもとにパフォーマンスを計測したところ、
リーマンショック時にプラスリターンを上げるなど、ヘッジファンドらしい
パフォーマンスを得ることが出来るようです。


(source:楽天証券)


ただ、

1)実績がない
2)純資産総額が少ない
3)目指すベンチマークの割に(※)手数料が高い
※類似のファンド(野村ファンドラップ オルタナティブ グローバル・アセット・モデル)のパフォーマンスからみても、大きく上昇するファンドではなさそう)


以上のことから、少し様子見だと思いますし、
少々運用手法が専門的なので、
同じような投資信託が乱立する中、投資手法に理解があり、
特色のある投資信託を探している人向きだと思います。
(私は結構好きです、こういうの)


運用については上記のとおりですが、
最も注目すべき点は、この野村グローバル・ロング・ショートは
「ネット証券専用ファンドシリーズ」として発売された背景から、
ヘッジファンドという特殊な投資信託にも関わらず、
毎月の積立投資が出来る、という点です。
(しかも販売手数料無料=ノーロード)


これは画期的です。


もし、この野村グローバル・ロング・ショートが相場下落時に強い
ヘッジファンドの特色を出してくれるなら、わざわざ海外のヘッジファンドに
投資しなくても、日本国内しかもネット証券でより一層、多様性のある
ポートフォリオを組むことが出来ますね。


野村グローバル・ロング・ショートの今後に注目しましょう。






いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室

共通テーマ:マネー
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。