So-net無料ブログ作成
検索選択

ルーブルが暴落。これをチャンスと見る投資マインドとは? [投資信託・ETF]

2014年後半から、ロシアのルーブルが
ほぼ直近ピーク時の半値となる水準までに
暴落
しているのをご存知でしょうか?


ルーブルチャート(ロシアルーブル/円)
↓↓↓
20150110200903.png
(source:三井住友銀行


現在、ルーブルに投資をしている人は
ほとんどいないと思いますので、
おそらく、上記チャートを見た感想としては、

「おー、結構下がってるなぁ」
「怖すぎて自分は買えないなぁ」


と、感じておられるレベルではないでしょうか。


ですが、あなたが投資家なら、
ボーっと見ている場合じゃないですよ!

「ルーブル暴落にチャンスあり!」

です。


通常、特に投資信託などは、
ちょうど価格がピークを迎える頃に、
証券会社などが投資信託を設定し、
あなたのような投資家に積極的に勧誘してきます。


しかし、その時はすでに遅し、のケースがほとんどです。
ですから、勧められるがままに購入した投資信託は、
その後ほとんどの投資信託で、下落を経験しているはずです。


投資たるもの、
・誰からも話を聞かない
・誰も買わない


時に、将来の上昇を見越して、
投資を実行していくものです。


これが出来ない投資家は、
いつまで経っても資産を増やせません。


では、なぜ暴落しているルーブルがチャンスなのか?
これをチャンスと見る投資マインドとはどんなものなのか?



ルーブルは、今暴落しているわけですから、
何かをキッカケに反転すると上昇余地が大きいですね。


これは、誰でも考えることです。


さらに、今、ドル高円安が注目されていますが、
ルーブルは円が売られている状態(円安)を吸収して、
さらにそれを上回る逆行下落(円高)している
わけです。


これが、ルーブルの信頼が回復してきたら???


ルーブル高で上昇する要因と、
加えて、もともと円安局面での逆行(円高)が修正されるため、
巻き返しの勢いがハンパない
ことが容易に想像できます。


しかも、ドルコスト平均法を使えば、
これからしばらく安い時期に仕入れが出来て、
反転時には大きく資産を増大させる
ことになります。


このように考えるのが、
本当の投資家マインドです。


ただし、以下のリスクもあります。


1.1991年のようにロシアが破綻し、ルーブルが紙切れ同然になる
2.あまりの下落に耐えきれなくなった投資信託が破綻する


この点もしっかり考えておきましょう。


ルーブル建て投資信託はSBI証券で検索。


投資信託を始めたい方は楽天ブックスTOPで「投資信託」で検索してみましょう。




いい記事だった!と感じたらクリックお願いします。
あなたのクリックでこの記事を必要とする人に届けることができます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ人気ブログランキングへ

海外投資・資産運用の相談受け付けます(大阪・名古屋・東京)
こちら
からお気軽にご相談ください。

世界一わかりやすいマネー教室
司法書士

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。